千賀有花(SOUL, R&B, BLUES歌手)オフィシャルウェブサイト

千賀有花オフィシャルブログ

私的名盤コレクションvol.3 ニューオリンズブラスバンドにしびれたい人へ

Eponymous Debut.png

【Eponymous Debut/All That】


私は小さい頃からラジオばかり聴いていた。
両親は「テレビを見たらバカになる」という、ちびっこにはなんとも酷な独自の家訓を私に言い渡したからである。
けれど物心つく頃には音楽が好きだった私は、四六時中音楽が流れているラジオにテレビの存在を忘れるほど毎日夢中になっていた。
思春期に通う女子校は流行のドラマの恋愛観を議論する場であり、人気のアイドルグループを愛でる場である。それになんとかついて行けるだけの知識を身につけ、それでも家に帰ればまたラジオに釘付けになっていた。
ラジオは私に喜びと刺激を与えるツールであり、新たな音楽との最高の出会いの場となった。


ここのところ突如ニューオリンズブラスバンドブームが再燃している。といっても勿論個人的な。
寒さが緩んだこともあり、ますますこのサウンドにぴったりな季節になってきた。
ニューオリンズのビートは聴けば必ず踊り出したくなるような底抜けな明るさと、ニューオリンズ特有の蒸し暑い気候を思わせる独特のバイブレーションを持っている。
そしてチューバのほのぼのとした音がベースラインをとり、その上をホーンセクションが暴れる爽快さ。

ALL THATは90年代後半に【Eponymous Debut】で文字通りデビューしたニューオリンズのブラスバンド。
こちらも輸入盤で私が買った当時も国内盤は発売されていないはずだが、なんと久しぶりに探したらその輸入盤すら国内外どのサイトでも見当たらない。紹介するモノ紹介するモノ入手困難とは恐縮至極。寂しいなぁ。見つけた方はご一報ください。
1999年に発売された2stアルバムの【The Whop Boom Bam 】は入手可能。
まだ演奏に粗々しさの残る1stはデビューの勢いと、きっとニューオリンズの仲間で演奏しているであろうバンドのグルーヴが何とも温かい気持ちにさせてくれる。

スピード感溢れるシンバルで始まる①Wolf's Remedyはホーン、ギター、ドラム各パートが、がつんと熱いソロを回しながら最後まで疾走する。おや、ジャムバンドかな、と思いきや②ではニューオリンズブラスバンドの王道Lil' Liza Jane。Rock風味の③Back to Brokeあり、ヒップホップ風味の⑦March Of The Micks、ファンク風味の⑧Little People's placeありで飽きさせない。
"Hony I'm home!!!"という台詞で始まるラブソング⑫Movin' And Groovin' のポップでレイジーなニューオリンズサウンドは私の一押し。
伝統のブラスバンドを敬愛し受け継ぎながら現代流の様々なアプローチで終始楽しませてくれるこのアルバム。
2stではバンドが洗練され、更なる進化と新たな方向性を感じる事が出来るが、この荒削りな勢いのあるサウンドとアプローチ、温かい仲間グルーヴに私は一票!


この最近の私的ニューオリンズブームはまたラジオからやって来た。実は最近デビューした別のブラスバンドのアルバムがきっかけなんだけど、それはまた次回と言うことで。
とりあえず2stアルバムの【The Whop Boom Bam】を聴きつつ、どこかの中古屋さんでばったり1stを見つけるなんて素敵な出会いが皆様にもありますように。


Comments

千賀有花のFacebookページ

We shared on Facebook!

PROFILE

千賀有花(せんがゆか)

ソウル・リズムアンドブルース(R&B)・ブルース
シンガーソングライター
ボーカリスト(歌手)・作詞・作曲家。
1920年代〜70年代の黒人音楽を敬愛する【J-BLUES】提唱者。レディーブルースを盛り上げるために精力的に活動中。

詳しいプロフィール

GOODIES

千賀有花オリジナル壁紙を無料配布中!